短編小説:『3LDK』

『3LDK』

〈注意〉
18歳未満の方は大人の方と相談の上お読みください。
この作品はホラーです。物語はすべてフィクションです。

『3LDK』

ドンドン。

夫の書斎。
作り付けの本棚。

その向こう側から、
ドンドンと何かが叩く音がする。

東南の角部屋。
3LDKのマンション。

時を同じくして。

子供部屋の女の子。
作り付けの学習机の向こうから、
コツコツという音がするのを聞いていた。

時計は夜の10時を指している。

「ママ、また変な音がする。」
そう言いながら、
女の子が、夫婦の寝室にやって来る。

そこにいた妻も。
クローゼットの中から、
カリカリという音を聞いていた。

ドンドン、コツコツ、カリカリ。

毎晩のようにするこれらの音に。
3人の家族は、悩まされていた。

確かに、
初めの頃は恐怖を感じていた。

けれど家族には、
音の正体に心当たりがあった。

「絶対にこれ、オバケだよ!」
と、女の子が妻に叫んだ。

その声を聞きつけた、
夫が寝室に入って来る。

女の子の口を手で塞ぎ、
「しっ。大きな声を出すな!」
と言った。

3人の心当たり。
それは3体の死体にあった。

夫は、夫を。
女の子は、女の子を。
妻は、妻を。

其々が、
以前の入居者の家族を、
殺していた。

そう。
今の住人は、殺人者たちだった。

きっかけは、些細な事。
小学校が同じ、
女の子同士の喧嘩からだった。

前の住人の。
特に妻からの、パワハラが凄かった。

全ての事に対して、
マウントを取ってくる。
そんな女だった。

女にそっくりな娘と。
それを薄ら笑いで、
見ているだけの夫に。

今の住人家族は、
精神を病んでいった。

そうして。
3LDKの。
不可思議な音のする、
其々の部屋で。

3人は、3人を殺した。

犯行現場を、そのままに。
親子は、必死に逃げた。

それから、3日。

殺人事件のニュースは、
一向に入ってこない。

事故物件にもならずに。
まるで何事も無かったかの様に。

3人が罪を犯した部屋は、
普通に貸し出されていた。

それを、恐怖に感じた犯罪者家族は、
その部屋を借りる事にした。

ありとあらゆる所を調べまくった。
何もない。
犯罪の痕跡は、何も無かった。

身の毛がよだつような。
ただ、美しい。

3LDKのマンションが、
そこにあった。

ドンドン、コツコツ、カリカリ。
その音と共に。

家族は、少しずつ狂っていった。

1ヶ月後。
家族は、悲しい末路を遂げる。

いや、悲しくはないか。
どうせ3人共、殺人者だった。

その後の3LDKのリビングで。

「あの殺人者家族。
あんな死に方、奇妙ですよね。」
若い茶髪の女が、そう発した。

「本当に。でも部屋のカメラには、
他の誰も写ってなかったからねぇ。」
太鼓腹をナデまわしながら、
中年の男が答える。

「自分で自分の首を絞めて、
死ぬなんて。しかも3人共ですよ。」
「ふむ。そうですなぁ。」

「特に奥さんの首。見ましたか?」
「ああ、あれねぇ。」

「誰か別の女性のネイルが折れて、
突き刺さっているなんて。」
「まあ。妙といえば、そうですけどねぇ。」

ピピッ、ピピッ。
と、スマホのアラーム音が鳴る。

「もうそろそろ、溶けたでしょうか。」
そう言いながら。女は浴室に移動し、
それに男も従う。

浴室のドアを開けると、
肉が焼けた様な、焦げ臭い匂いがする。

バスタブでは。
コポコポと、水面が泡立っている。

「この薬品。匂いだけどうにかなれば、
大発明なのに。」
「特許でも、取りましょうかねぇ。」

「けど、骨は残るんですよね。」
「ふむ。まだまだ開発の余地ありですなぁ。」

女は料理用のトングで、
バスタブの頭蓋骨を掴むと。

洗い場に敷いたブルーシートの上に、
順序よく並べてゆく。

「さっ。納骨、納骨。」
そう言うと女は、骨を中心に。
ブルーシートを器用に巻く。

それを持って、
2人は書斎に移動する。

作り付けの本棚の上を、
金槌で打つ。

キイッ、という音と共に、
本棚が手前に開く。

隠し扉の向こうには、
約40cm程のスペースがある。

そこには、
幾つかのブルーシートが積まれている。

その上に。
抱えてきた、ブルーシートを置く。

そんな作業を、あと2回。

子供部屋の学習机の裏には、
女の子を。

夫婦の寝室の。
クローゼットの裏には、
妻を。

其々、納骨?する。

全ての工程を、
流れ作業的にこなした、女と男は、
元のキレイな3LDKにして、
部屋を後にした。

3日後。

「まぁ、素敵なお部屋だこと!」

夫と妻。そして、小学生の女の子。
3人家族が、3LDKを。

あの部屋を、内見している。

「そうでしょう!こんなにいい物件、
そう無いですよ。」
満面の笑みで、不動産会社の女が答える。

それを聞いた、大家の男が、
「本当に!」
と微笑む。

内見している家族が、
幸せそうに、笑いあっている時。

不動産会社の女と、
大家の男は。

一瞬だけ、視線を交錯させ、
ニヤリ、と笑った。

3LDKのリビング。

大きめの窓から。
差し込む太陽の光に。

不動産会社の女の髪が。
より茶色に光り、

それを眺めながら、

大家の男は、
太鼓腹をナデまわしていた。

a2pro

「A2production Web Site」へ戻る

Follow me!