カテゴリー

ブログ一覧

  • 『俺の話(AI=愛2)』
    今、俺はゴミ箱を漁っている。 ひとっけの無い住宅街で。 ぼんやりと街灯が揺らいでいる道端で。 俺は、必死に食べ物を漁っていた。 なんでもいい。 エネルギーになりさえすれば、 なんでもいい。 恥ずかしいなんて感情は、 とう […]
  • サンシャイン水族館_アフター6
    今年のGWはどこもすごい人々でしたね。今回は、遠出をせずに感染対策を考慮しつつ近場ですごしました。 その中で、人数制限された東京池袋にあるサンシャイン水族館の閉館後に行こなわれた イベント「アフター6」に参加してみました […]
  • 肥後細川庭園
    今年のGWは3年ぶりに何の制限もないゴールデンウイークですね。好天に恵まれすがすがしい5月の始まりです。 少し遠出もしたいところですが、今年は近隣の、今まで行ったことの無かった公園を散歩してみる事にしました。 今回出かけ […]
  • 鎌倉&江の島周辺_フォトアルバム
    ※スライドショー(4分44秒)音楽含む ※自動再生しない場合、左下の再生ボタンでスタートして下さい。 こちらから、ブログ『旅の思い出:鎌倉江の島』にリンクしています。
  • 『AI(愛)』
    母は今日も静かに寝っている。 何も無い、真っ白な部屋の中央に、母が立ったまま、浮いている。 素肌に薄いベールの様なものを、纏った母は、今日も相変わらず綺麗だ。 浮いている母に手を翳すと、タッチパネルが現れ、西暦2030年 […]
  • 横浜みなとみらい周辺_フォトアルバム
    ※スライドショー(3分20秒)音楽含む ※自動再生しない場合、左下の再生ボタンでスタートして下さい。 こちらから、ブログ『横浜みなとみらいと山下公園・本牧周辺』リンクしています。
  • テーマ&PRリンク集
    このページでは、おすすめのパソコン環境や生活環境に役立つリンク(PR)などを紹介しています。 <目次>☆リンク集☆PRリンク集 ・ドメイン関連 ・パソコン用品 ・パソコン本体 ・日常生活関連 ・旅&グルメ ・電子書籍&動 […]
  • 『ボビー・コールドウェルを聴きながら』
    短編小説:『ボビー・コールドウェルを聴きながら』 カランカランカラン。木製の扉を開けて、店内へ入る。 コツコツコツとヒールの音をさせながら、一枚板のカウンター席に、まるで当然の如く、スッと座る。 程なくマスターが正面に現 […]
  • 『小石川後楽園の紅葉』
    近隣公園:小石川後楽園 小石川後楽園は東京都文京区にある都立公園です。 江戸時代の初めの頃(1629年(寛永6年))に、水戸藩徳川家・徳川智房の命により、庭師の徳大寺左衛門が上屋敷内の作られた回遊式の庭園です。 四季折々 […]
  • 『紅葉の中の「東京雲海と森のオーロラ」』
    イベント:ホテル椿山荘東京「東京雲海と森のオーロラ」 「ホテル椿山荘東京」は東京都文京区にある藤田観光が運営する、四季折々の庭園風景が楽しめるラグジュアリー系ホテルです。結婚式から様々な集まりまで幅広く利用されています。 […]
  • 『ほぼほぼ?皆既月食』
    イベント:皆既日食 東京都豊島区で皆既月食鑑賞しました。前日の前評判では絶好の観測日和でかなりの期待感が有りましたが、当日は薄曇りで、雲の隙間からの鑑賞でした。でも感動的なひとときでした。 [使用カメラ]スマートフォンG […]
  • 『酉の市(一の酉)』
    イベント:新宿:花園神社 本日、一の酉です。新宿の花園神社に行ってきました。例年より規模は小さいですが、訪問者は変わらないので大にぎわいで、混雑しています。 露店が少ない分、お参りに集中です。 特に本日、日中は雨模様で、 […]
  • 『秋の気配:目白庭園』
    近隣散歩:目白庭園 甘泉園に続き目白庭園に行ってきました。 鴨も気持ち良くお昼寝中です。 この庭園ではウエディングフォトを撮る方々を多く見受けられます。今回も遭遇しました。 紅葉も所々色づき始めています。 こちらも秋の深 […]
  • 『秋の気配:甘泉園』
    近隣散歩:甘泉園 11月にも関わらず日中は暖かい日々が続きますが、確実に秋の気配を感じます。 今回近隣の庭園・甘泉園を散策しました。 黄金の鯉も優雅に泳いでいます。 夫婦?の鯉 これから秋が深まっていくのが楽しみです。
  • 『目白庭園』
    近隣公園:目白庭園 目白庭園(めじろていえん)目白駅からおおよそ400m(徒歩5分程度)。閑静な住宅街を抜けると白い壁に囲まれた庭園が現れます。都市化の進んだ豊島区の中に於いて、緑化された回遊式日本庭園です。 平成2年に […]
  • 『新宿御苑の春秋』
    近隣公園:新宿御苑 今回は、近隣にある『新宿御苑』について書き留めました。この春は蔓延防止で人数制限が有り、事前申し込みの人のみの入場です。 毎年、桜や紅葉の季節に多くの人々で賑わう新宿御苑。桜が満開の季節。人数制限があ […]
  • 『必要なあなた』
    短編小説:『必要なあなた』 私にはあなたが必要です。 もしもあなたの目が見えなくなったなら、私があなたの目になりましょう。 もしもあなたの手が動かなくなったなら、私があなたの手になりましょう。 もしもあなたが私の事を忘れ […]
  • 『箱根』
    旅の思い出:箱根 <撮影場所>芦ノ湖周辺・箱根水族館・大涌谷・塔ノ沢周辺・箱根湯本周辺 <カメラ>SONYサイバーショット_DSC-HX60V・総画素数    約2110万画素・レンズタイプ  ソニーGレンズ(10群11 […]
  • 『桜・サクラ・さくら』
    Photoアルバム:面影橋~高戸橋 久々に外に出て、人と密にならないように注意しながら、近隣の桜を観ました。今年は、桜開花宣言から数日で急な満開でした。
  • 『母の故郷・佐渡』
    旅の思い出:佐渡ヶ島 令和3年・夏、東京にて。現在、非常事態宣言などで、帰省を控えるように云われる中、今年も神奈川に在る実家への里帰りは諦める事に。 そこで電話だけでもと掛けてみるが、母との会話の中で思い出されるのが「一 […]
  • 『歌うたい』
    短編小説:『歌うたい』 歌う事が大好きな少女と少年がいました。少女の名はヒロミ。少年の名はタツヤ。 メロディーラインを歌うヒロミに、ハモったり、ユニゾンで歌ったりするタツヤ。 そんな2人の歌声はとても美しく、聴く者は皆幸 […]
  • 『他愛も無い話』
    短編小説:他愛も無い話 他愛も無い話だが、僕の妻はかなり面白い。 朝、8時に起こしてと言われたので、起こしてみると、「8時だよ。」と言う僕に、「全員集合!」と、寝ぼけながら答える。 しかも、握りこぶしを高々と上げるジェス […]
  • 『誰かのために』
    短編小説:『誰かのために』 いま、そこにいるあなた、誰かのために生きてください。 誰かのために生きるという事は、あなたがちゃんと生きているという事。 ちゃんと生きるという事は、あなたが自分の行動に責任を持つという事。 そ […]
  • 『横浜みなとみらいと山下公園・本牧周辺』
    旅の思い出:横浜みなとみらいと山下公園・本牧周辺 私の生まれは横浜市内でした。この地に20数年暮らしたのちに、現在東京都内に住んでいます。横浜駅前は半世紀前から今尚工事が続いています。何でも2020年に工事完了の気配があ […]
  • 『鎌倉江ノ島』
    旅の思い出:鎌倉江の島 東京に緊急事態宣言が発出される前の旅の思い出です。 季節は秋に平日二日間の予定で、江の島・鎌倉へ向かいました。この日は、とても強風でしたがよく晴れ富士山も綺麗に観る事がでしました。 鎌倉から長谷駅 […]
  • 『山梨河口湖』
    旅の思い出:山梨河口湖 東京に緊急事態宣言が発出される前の思い出です。 季節は秋に、平日2日間の日程で河口湖に出かけました。初日は雲は多いが概ね晴れて撮影日和。富士山も雲の合間に撮影出来ました。 河口湖駅に到着し、河口湖 […]
  • 『戸山公園』
    近隣公園:戸山公園 今回は、近隣の公園として戸山公園を紹介させて頂きます。季節に応じ、綺麗な花々を咲かせ、近隣の憩いの場所です。 早稲田大学付近に隣接する新宿区にある都立公園の戸山公園(とやまこうえん)。大久保地区(西側 […]
  • 『甘泉園公園』
    近隣公園:甘泉園公園 甘泉園(かんせんえん)公園は、面影橋に隣接する庭園です。新目白通りを一本隔てた場所にあります。新目白通りを歩いていると、水稲荷神社が見えてきます。四季折々の景色を楽しむ事ができ、森林浴などを楽しめま […]
  • 『早稲田~鬼子母神』
    近隣散歩:都電荒川線沿線・早稲田~鬼子母神前 早稲田(わせだ)は都電荒川線の始発着駅です。地名の通り、早稲田大学を中心に発展した大学街です。 早稲田の地名は、近くに神田川(旧・江戸川)が流れ、その入り組んだ神田川を利用し […]
  • 『百鬼夜行(ひゃっきやこう)』
    短編小説:『百鬼夜行(ひゃっきやこう)』 〈注意〉18歳未満の方は大人の方と相談の上お読みください。この物語はすべてフィクションです。 日常に潜む幽かな影。ちょっとした恐怖と大いなる幻想。魅惑のスリラー・ストーリーに。よ […]
  • 『オモいデのサクラ』
    短編小説:『オモいデのサクラ』 アサオきたらパパになっていた。メがサめてなんだかヘンなカンじがして、テをミたらジブンのテがオオきくなってて、いつもよりもアシがトオくなってミえて。 ボクはびっくりしてベッドをトびオきると、 […]
  • 『暴走』
    短編小説:『暴走』 「おはよう、ミナミ。」「おはようございます。ゴローさん。」 何時もの会話が始まる。 「今日の天気、当たるといいね。」「そうですね。夕立はありそうですけど、全体的に晴れですね。」 「そういえば、昨日の問 […]
  • 『美しき人』
    短編小説:美しき人 美しき人は私の母である。物心ついた頃から、私の周りには着物があふれていた。和裁学院を営んでいた母は、何人もの生徒を教え導いていて、選ばれた反物から徐々に着物が出来上がっていく姿は、子供の私にとってまる […]
  • 『足の小指を打つ感じ』
    短編小説:『足の小指を打つ感じ』 田中 竜治(たなか りゅうじ)29歳の朝は、災難から始まる。まず起きる為にセットしたはずのスマホのアラームが鳴らない。出勤予定時間は、もう15分も過ぎている。 〈さあ […]
  • 『なんでもしてあげる』
    短編小説:『なんでもしてあげる』 あるところに、なんでもしてあげる妖精がいました。なんでもしてあげるという事は、どんな願い事も叶えてくれるという事でした。 「孫の顔が見たい」と、或る国のお爺さんが妖精に頼みました。お爺さ […]