短編小説:『AI(愛)』

『AI(愛)』

母は今日も静かに寝っている。

何も無い、真っ白な部屋の中央に、
母が立ったまま、浮いている。

素肌に薄いベールの様なものを、
纏った母は、今日も相変わらず綺麗だ。

浮いている母に手を翳すと、タッチパネルが現れ、
西暦2030年12月24日という文字が表示される。

日付の下に表れた、十字矢印の左をタッチする。

瞬間、海中に部屋中がダイブすると、
目の前をシロナガスクジラが、ゆき過ぎる。

母は今、海の夢を見ているらしい。

母が冷凍保存されてから20年。
僕はもう、母をお母さんと呼ぶには、
年を取りすぎていた。

そして。僕は先程、父を殺してきた。

殺す?というよりは、
壊してきた、という方が正解なのだが。

父は医者だった。
そんな父は、母を冷凍保存してからすぐに、
母と共に生き返る為、脳だけを人工知能、
いわゆるAIに移植して、体を廃棄していた。

父を破壊するのは、相当骨の折れる作業だった。
幾重にも張り巡らされたトラップを避けながら、
セキュリティーをハッキングしまくった。

けれど。最後は思いがけなく、呆気無かった。

父だったAIは、僕に、こう聞いてきた。
「私を好きだったか?」と。

僕は迷わず、こう答えた。
「大嫌いだ。早く消えてくれ。」と。

その返事を聞いた父は、完全に思考を停止した。
何故、父を破壊するに至ったか。

母は病気だった。
現代医学では治せず、未来に託されていた。

そんな母の体も、
冷凍保存させておくのが、もう限界だった。

そして。父は母の脳を取り出し、
AIに繋ごうとしていた。イヤだった。

その作業を。母の体にメスを入れる事を、
父は僕に、頼んできたのだ。

僕も医者だったからだが、
美しい母を傷付ける事は、どうしても出来なかった。

そして。僕は今、
母を本当の眠りにつかせる為に、ここにいる。

母の装置を壊すのは、恐ろしいほど簡単で。
十字矢印の上をタッチする。ただそれだけだった。

父はたぶん、母の脳の移植を、
僕がするものと考えて、こうしたのだろう。

「大好きだよ。母さん。」
僕はそう言うと、タッチした。

突然、
部屋中がハウリングを起こしたように、共鳴する。

もの凄い耳鳴りと共に、
フラッシュバックした映像が、視界に飛び込んでくる。

そこに写っていたのは、
若い頃の母と、一歳くらいの子供だった。

一瞬、
母に抱かれている僕かとも思ったけれど、
どうやら子供は女の子らしい。

そして、走馬灯のように、
ひとコマひとコマ、映像が変化してゆく。

ちょうど子供が小学生になる頃に、
時間が進み、誰かの葬式の場面がくる。

イヤな予感がしつつ、棺の中を覗き込むと、
やっぱり。あの少女だった。

そこから場面が、
グニャリと歪み、吐き気をもよおすほどに、
グルグルと天井が、回転しだした。

それから。泣き叫ぶ母の声がしてくる。
「アイ。」と聞こえた。

僕の名前だ。
男なのにアイという名が、
しっくりこなかったのを思い出す。

急に思考がクリアになってきた。
母には子供は一人しかいないと聞いていた。

なのに女の子?
僕は母の子供ではないという事だろうか。

では、誰の子供なのか?

そんな事を考えながら、
目の前に横たわった母を見る。
美しかった母が、見る影もない程の姿になっていた。

今、脳を取り出せば、まだ間に合う。
一瞬そう思ったけれど、やめた。

もう。自分が誰なのか?
という事だけが、気になっていた。

母の部屋を飛び出すと、自分の部屋へと向かう。
ドアを開けて、中に入り、違和感を感じる。

生活感が、まったく無い室内。
僕は、いつから食事をしていない?

いや、そもそも“食事をした事”があるのか?

こわい、こわい、こわい。
鏡を探すが見当たらない。

イラッとして、左手をテーブルに向って、
振りかぶるように、叩き付ける。

ガシャンと、大きな音と共に、破片が飛び散る。
そう。破片だ。痛みも何も無い。
先が無い、グチャグチャになって、
配線のようなものが出た、左手を見下ろす。

「なんだ。僕の体は、機械だったのか・・・」

ボソリと呟く。
もう、何もかも、どうでもいい。

そう感じた時。
20年間、一時も忘れる事の無かった、
愛おしい母を思い出した。

自分は母を生かす為だけに、
造られたモノなのかもしれない。

けれど。
僕は、母を愛してもいいんだ。

何故なら。
僕は、母の実の子供じゃないんだから。

そんな事を思いながら、母のもとへ急ぐ。
やがて。母だった者を抱き起こしながら、
僕はこう言葉を告げる。

「僕なんか大嫌いだ。早く消えてくれ。」

ブンッ、
という音と共に、室内が静寂に包まれる。

a2pro

「A2production Web Site」へ戻る

Follow me!