• このブログでは、近隣の情報紹介や旅先での写真を、 簡単なガイドと歴史などを交えつつ紹介しています。 更にオリジナルのショートストーリーなども有ります。

早稲田大学付近に隣接する新宿区にある都立公園の戸山公園。
大久保地区(西側)と明治通りを挟んで、箱根山地区(東側)の2つの場所から成り立っています。

箱根山地区にある戸山公園は、元々、江戸時代には尾張徳川家の下屋敷があった場所にになります。
2代目の藩主・徳川光友によって回遊式庭園「戸山荘(戸山山荘)」が整備されました。

明治維新後に、戸山荘(戸山山荘)は明治政府に明け渡され、明治6年に陸軍戸山学校が開かれ太平洋戦争終結まで、軍医学校や陸軍錬兵場に利用されていました。

終戦後、軍事施設は全て廃止され、戸山ハイツの建設が始まり、その敷地の一部が戸山公園になりました。

公園の中には、遊具や緑地スペースなどがありますが、江戸時代当時、箱根に見立てた築山の玉円峰で、標高44.6mの箱根山があります。春先に頂上まで登ると眼下に桜が360°開けた景色が見渡されます。その奥には新宿高層ビルなどが開け、とても風光明媚な場所になります。

<箱根山地区の歴史>
この地区は、その昔、源 頼朝の武将 和田左衛門尉義盛の領地で、和田村と戸山村の両村に属していたことから「和田外山」と呼ばれていた。寛永8年(1668年)に至り、尾張徳川家(尾張藩)の下屋敷となり、その総面積は約十三万六千余坪(約448,800余平方メートル)に及び「戸山荘」と呼ばれるようになった。

この「戸山荘」は寛永9年(1889年)に工事を始め、天和(1688年~1683年)・貞享(1684年~1687年)の時代を経て、元禄年間(1688年~1703年)に完成した廻遊式築山泉水庭である。

庭園の南部には、余慶堂と称する「御殿」を配し、敷地のほぼ中央に大泉水を掘り、琥珀橋と呼ばれる木橋を渡し、ところどころに築山渓谷・田畑などを設け、社祠堂塔・茶屋なども配した二十五の景勝地が造られた。

なかでも、小田原宿の景色を模した「街並み」はあたかも東海道五十三次を思わせる、他に類のない景観を呈していたと伝えられる。その後、一時荒廃したが、寛政年間(1789年~1800年)の初め、第十一代将軍・家斉の来遊を契機に復旧された。その眺めは将軍をして「すべて天下の園池は、まさにこの荘を似て第一とすべし」と折り紙を付けしめたほどであった。

安政年間(1854年~1859年)に入り、再び災害にあい、その姿を失い復旧される事もなく明治維新(1868年)を迎えた。

明治七年(1874年)からは陸軍戸山学校用地となり、第二次大戦は国有地となりその一部が昭和二十九年から今日の公園となった。

陸軍用地の頃からともなく、この園地の筑山(玉円峰)を「函根山」・「箱根山」と呼ぶようになり、この山だけが、当時を忍ぶ唯一のものとなっている。

「東京都公園管理・説明文より」


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。