• このブログでは、近隣の情報紹介や旅先での写真を、 簡単なガイドと歴史などを交えつつ紹介しています。 更にオリジナルのショートストーリーなども有ります。

高戸橋(たかとばし)は新目白通りと明治通りの交差点です。
この場所は新宿区と豊島区のちょうど境界線付近にあたります。

新目白通りに沿って神田川が流れ、ちょうど交差点付近の明治通りに橋が架かっています。名前の由来としては、豊島区高田の「高」と新宿区戸塚の「戸」を重ね合わせた名称に「橋」をつけたと云われています。

高戸橋交差点の明治通りは、渋谷・新宿方面から池袋方面を結び、新目白通りは飯田橋・早稲田方面から谷原方面を結んでいる為に交通量が多く、主に平日の朝夕は、いつも渋滞しています。

また、高戸橋交差点の明治通りに沿って都電荒川線の鉄橋も並設されています。都電荒川線が新目白通りから90度曲がり池袋方面を走りますが、都電荒川線を線路と車両を正面から取れる為、有名な写真撮影ポイントになっています。池袋方面を望み、駅が見えますが、この駅が「学習院下」です。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。