• このブログでは、近隣の情報紹介や旅先での写真を、 簡単なガイドと歴史などを交えつつ紹介しています。 更にオリジナルのショートストーリーなども有ります。

 歌う事が大好きな少女と少年がいました。
少女の名はヒロミ。少年の名はタツヤ。

メロディーラインを歌うヒロミに、ハモったり、ユニゾンで歌ったりするタツヤ。

そんな2人の歌声はとても美しく、聴く者は皆幸せな気持ちになりました。

始めは友人達だけだった観客も、1人増え2人増えと、歌うたびに増えてゆきました。

それを見ていた大人達は、「コンサートをしないか?」と、ヒロミとタツヤに持ち掛けます。

そう、お金儲けが出来ると思ったのです。
けれど純粋な2人は、その事に気付きません。
歌を歌えるという嬉しさだけで、2人はその話を快諾します。

小さなハコから始まり、次に屋根にタマネギがついたホールへ。
そして野球が出来るくらいの巨大なホールへと、着実にステップアップしてゆきました。

気が付くとヒロミもタツヤも大人になっていました。
それでも、2人の人気は衰えません。

ヒロミは高音の、澄んでよく通る美声はそのままに。
少女の時には無かった、艶のある声も手に入れていました。

タツヤは、声変わりはしたものの、ハリのある低音が出るようになり、
益々人気を不動のものへとしてゆきました。

しかし、そんな2人にも転機は訪れます。

ヒロミは好きな人が出来て、結婚を考えるようになりました。
そんなヒロミには言えない秘密を、タツヤは1人で抱え、悩んでいました。

「コンサートをしないか?」と言ってきた大人達が、2人を利用し、私腹を肥やしている事を、知ってしまったのです。

幸せそうに彼氏の話をするヒロミに。
タツヤは何も言わず、そしてヒロミは結婚します。

しばらくして。
ヒロミは子供を授かり、歌う事を少しの間、休む事になります。

その間、タツヤは1人で歌い続けます。
けれど。歌えば歌うほど、タツヤの心は壊れてゆきます。

自分が歌う事で、誰かの役に立っているのだろうか?
そんな疑問で頭の中が一杯になり、2人を利用している大人達だけが、得をしているような気がしていました。

それでも。タツヤは歌う事をやめません。
なぜなら、歌う事が、とてつもなく大好きで。
さらには、ヒロミの戻る場所を守りたかったからでした。

そうして。ヒロミが子育てを一段落させて、戻ってきました。
タツヤは、ただ笑って、ヒロミを迎え入れます。

しかし、ヒロミは気付きます。
「何か隠してるでしょ?」

ヒロミの問いに。一瞬タツヤは真顔になり、その後ボロボロと涙を流しながら、を打ち明けました。
心の優しいタツヤにとって。もう限界だったのです。

「よっしゃ。そんな奴ら、やり返しちゃおう!」
そう言うと、ガキ大将みたいな顔で、ヒロミが笑いました。

そうだった。ヒロミはこういう所が、強いんだった。
と、タツヤもつられて笑っていました。

再びタッグを組んだ2人は、もう無敵です。

そして1カ月後。
ヒロミの復帰第一弾のコンサートが、有楽町の大ホールで、行われる事になりました。

ところが。初日の舞台に、2人の姿はありません。
それどころか、観客が1人もいないのです。

2人を利用していた、悪い大人達は、アタフタしています。

ちょうどその時間。5つの輪が頭をよぎる競技場で、ヒロミとタツヤの歌声が響いていました。

SNSで拡散。さらにファンクラブの人々にも協力してもらい、観客大移動を可能にしたのでした。

今頃、悪い大人達の元へ、2人の退職届が。
それと同時に、大量の退職届も、送られていることでしょう。

それらは全て、親身になってくれたスタッフ。
そしてマネジャー達のものです。

もちろん。コンサートは大成功に終わりました。
そしてアンコールの曲、「歌うたい」は、こんな曲でした。

【歌うたい】

うたうたいがふたり だれかのためにうたっている
うたうことはいのり だれかとつながりあうために

どんなにちいさな よろこびでも
どんなにおおきな かなしみでも

わらいあいながら うたえれば きっとだいじょうぶ

あしたがあるかぎり きぼうとゆめにおわりはない
だれかがいるかぎり ふたりのうたにおわりはない

こんなにあかるい ふりをしても
こんなにさみしい まちかどでも

わらいあいながら うたえれば ずっとだいじょうぶ

たかが歌、されど歌。
人生のターニングポイントで聴いた歌は、いつまでも、その人の応援歌であり続けます。

そうして。
ヒロミとタツヤは、本当の歌うたいになっていったのでした。

a2pro


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。