短編小説

短編小説
『美しき人』

短編小説:美しき人 美しき人は私の母である。物心ついた頃から、私の周りには着物があふれていた。和裁学院を営んでいた母は、何人もの生徒を教え導いていて、選ばれた反物から徐々に着物が出来上がっていく姿は、子供の私にとってまる […]

続きを読む
短編小説
『足の小指を打つ感じ』

短編小説:『足の小指を打つ感じ』 田中 竜治(たなか りゅうじ)29歳の朝は、災難から始まる。まず起きる為にセットしたはずのスマホのアラームが鳴らない。出勤予定時間は、もう15分も過ぎている。 〈さあ […]

続きを読む
短編小説
『なんでもしてあげる』

短編小説:『なんでもしてあげる』 あるところに、なんでもしてあげる妖精がいました。なんでもしてあげるという事は、どんな願い事も叶えてくれるという事でした。 「孫の顔が見たい」と、或る国のお爺さんが妖精に頼みました。お爺さ […]

続きを読む